買取をお考えの方へ

高額な品物の買取時には鑑定料と査定料を確認しましょう

image

リサイクルショップが普及してきましたが、最近リサイクルショップに抵抗がない人は増加してきました。一昔前の中古品に対するイメージはマイナスの物ばかりで、中古品を買うとやはり損をするというような考え方がありました。しかし最近は大手のリサイクルショップを見ても判断できるように、わりと新しく、きれいで、品の良いものがかなり販売されるようになりました。また敬遠されがちな家具や家電においても、中古品であっても一定期間保証があることなどから、安心して買うことができます。

こんなリサイクル業界ですが、有名リサイクルショップの場合はどんなものでも買取してくれるので、査定についてもわりと簡単に済ますことが多くあります。

しかしブランド品を専門に取り扱うような買取業者の場合、ミスの無い鑑定をするために、鑑定士が常駐していることも結構あります。特に、ブランド品は市場に偽物も数多く出回っているため、持ち込まれた品物が偽物ではないかどうか、状態はどうか、レアものなのか等を正しく鑑定できる人が必要になるのです。ブランドも多様な種類がありますが、無論一般人では到底鑑定はできません。だから、プロの鑑定士を店に常駐させて、持ち込まれた買取希望商品を鑑定や査定などうすることが可能にしています。

多くの場合は鑑定料、査定料などはかからない店がほとんどです。まれに、鑑定料、査定料という名目で料金がかかる業者もあります。間違った方法ではありませんが、買取がうまくいった場合でも、買取金額の1割や2割を鑑定料として引かれてしまいます。結局は買取店としては、ほんの少しでも買取金額を少なくしたいという思いから鑑定料、査定料といった名目を作っているわけです。

ブランド品によって、中古でも買取金額が数十万円になることもあるので、そこから1割、2割引かれると多大な損失になります。

そのような理由から買取を希望する際は、事前に口コミで買取専門店の評価をチェックしておくべきでしょう。利用した人の率直な感想が書かれているので、目を通しておくとよいでしょう。店の選択は大切です。